カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

☆〜琵琶湖の水を微生物の力を借りて浄化するプロジェクトから生まれました〜☆

○紫外線対策 2011○

シミやソバカス 光老化を防ぐためには

紫外線対策はかかせません

紫外線対策のために有効なこと

1 紫外線を全く浴びないこと!

・・・というのは ムリな話ですので

お肌の安全のために

まずは物理的にブロックすることを考えましょう

簡単 安全 実用的な割に 有効性は【大】です

◎帽子  つばの幅が7cm以上で ぐるりと顔を覆うような

     タイプのものがベストです

      目に入るUVもある程度は防いでくれます

      UVは水晶体を白く濁らせて白内障の原因にも

      なるので注意しましょう

◎UVカット加工されているサングラス

  濃い色よりも うすい色

   目のためには瞳孔が開かない 薄めの色のサングラスを

   必ずUVカット加工がされているものを選んでください

◎長袖の服や手袋 ストールなど

   黒か黒に近い濃い色で 目の詰まった生地だと

   約90%のUVをカットできます

   UVカット加工が施されていれば 薄い色でもOKです

   (それでも濃い色の方がベスト)

  

   目の粗い素材はやはりUVを通しやすく 注意が必要です

◎日傘も 黒か濃い色を選びましょう

◎紫外線ピーク時にはできるだけ外出を避ける

     ↓

  午前10時〜午後2時

◎パウダーファンデーション

   パウダーの微粒子が光を乱反射する効果があるため

   (紫外線を反射する効果がある成分  ・酸化チタン ・酸化亜鉛)

☆知っておいてください!

●SPF値の高い日焼け止めほど 肌への負担が大きくなる

    皮膚の保護よりも紫外線を防ぐことを優先しているため

●野外スポーツなど どうしても必要な時に 最小限に!

   塗り直しはファンデなど塗っていなければ 特に洗い流さなくてもOK

   化粧をしている場合は 一度全ての化粧を洗い流してからつけ直す

   ※君がため洗浄液でオフ後に スキンオイルを手の平に伸ばしたものを

    うすく押し付けしてから 日焼け止めを塗って 化粧直ししてください

◎日常 大量に紫外線を浴びるわけでもないのに

  SPF値が高い(SPF30〜50 PA++〜+++以上)

  日焼け止めを使っている方へ!!

   前述したとおり 皮膚生理のことより 紫外線カット作用を

   優先させているため 肌への負担が強くなっています

   日焼け止めは刺激が強いため 肌に合わず

   肌荒れなどのトラブルを起こす方もいるくらいです

   君がため洗浄液で洗顔を続けることにより

   皮膚が活性化され バリア機能の働きが良くなり

   ターンオーバーもしっかりしてきます

   自身の肌奥からでる保湿成分が肌を守りますので

   やむなく日焼け止めを使用するにしても

   できるだけSPF数値の低いものを選んでください

☆店長としては  どうしてもという方には

 パウダーファンデーションをおすすめします

 なぜなら 君がため洗浄液で簡単にオフできるからです

 クレンジング剤というものは どのようなものであれ

 肌にとっては とても刺激が強いものなのです 

  どうか肌生理にとっては何が良いのかを考え 

  賢く紫外線を防ぐ方法を実行する夏にしてくださいね

  君がため洗浄液で洗顔し トラブル知らずの夏を過ごし

  しっとりとした美肌で爽やかな秋を迎えましょう(^^)

                           

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=15117&eid=191

ページトップへ